PeakPerformance by UPLND札幌

PeakPerformance
by UPLND札幌

「PeakPerformance」、「ISBJORN」を直営で取り扱う、北欧のアウトドアとライフスタイルを提案する本格アウトドア&カジュアルSHOPです。

【ad】
〒060-0062
北海道 札幌市
中央区南2条西8丁目5-3

【tel】
011-233-1505

【web】
http://uplnd.com/

尾形 信

三浦雄一郎&スノードルフィンスキースクールカムイ校校長 尾形信
【PROFILE】
OGATA MAKOTO
昭和32年4月8日生まれ
北海道遠軽町出身

学生時代は競技スキーに打ち込み、22歳の時に三浦雄一郎&スノードルフィンに入門。プロレーサーとして活動し、同時に雑誌・TV・ビデオなどたくさんのメディアで華麗な滑りを披露。その後、カムイ校の校長、テイネ校の副校長を経て、独立。多くのフリースキーヤー誕生に多大なる影響を及ぼしてきた。夏はシーカヤックガイドや子供キャンプなど、アウトドア全般のプロフェッショナルとしても活躍している。

オリジナルステッカー|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルステッカー|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルTシャツ|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報


尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

2017年7月。

日本ではスキーシーズンが終わり、夏本番を迎えた頃…。

北欧のプレミアムアウトドアブランド『PeakPerformance』の日本総代理店・株式会社RCTジャパン代表取締役社長 福島嘉之さん、三浦雄一郎スノードルフィンスキースクールカムイ校校長・尾形信さん、そして、今年1月の「Freeride Hakuba」で優勝し日本人初の「Freeride World Tour(FWT)」招待選手となったビッグマウンテンスキーヤー・楠泰輔さんを加えた3人が、スキーを携えて地球の裏側『南米・チリ』へと旅に出ました。

標高 6,960m 南米最高峰の山・アコンカグアを望みながらのキャットスキーや、森林限界を超え、富士山と同じくらいの標高の中を滑るスケールの大きなゲレンデ。日本では考えられない断崖絶壁を駆け上がるリフト…。

尾形信さんが捉えた素敵な写真の数々が届きました。

日本から最も遠いと言っても過言ではない『南米・チリ』のスキー紀行の様子を、どうぞご覧ください! [↑pic.1]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

最初のスキー場『Ski Portillo』に到着した、尾形信さん、福島嘉之さん、楠泰輔さん。 [↑pic.2]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

駐車場付近で既に標高 2,500m。 [↑pic.3]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

山岳地帯とは思えない、優雅なリゾートホテル「HotelPortillo」が最初の拠点となります。 [↑pic.4]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

レストランで寛ぐ、株式会社RCTジャパン代表取締役社長 福島嘉之さん。 [↑pic.5]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

「HotelPortillo」のテラスからはご覧の絶景! [↑pic.6]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

テラスには日光浴気分で過ごせるベッドチェアも。これぞ海外。 [↑pic.7]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

周囲は森林限界を超えた高山帯。 [↑pic.8]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

圧巻のロケーションが広がります! [↑pic.9]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

リフト上にて、福島嘉之さん(左)と楠泰輔さん(右)。 [↑pic.10]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

笑顔の先には…。 [↑pic.11]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

断崖絶壁! [↑pic.12]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

落とし物は返って来ないでしょう。。。 [↑pic.13]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

峡谷の両側へリフトが架かる『Ski Portillo』。 [↑pic.14]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

素晴らしい景色を、しばしご鑑賞ください☆ [↑pic.15]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

skier : 楠 泰輔 [↑pic.16]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

4人乗りTバーリフト! [↑pic.17]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

skier : 福島 嘉之 [↑pic.18]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

skier : 楠 泰輔 [↑pic.19]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.20]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

skier : 福島 嘉之 [↑pic.21]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.22]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.23]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

南米屈指のリゾート『Ski Portillo』の次に向かった先は。。。  [↑pic.24]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

『Ski Arpa』。 [↑pic.25]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

ご覧の通り、荒路を延々と登ります。 [↑pic.26]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

標高 2,700mの駐車場に到着。 [↑pic.27]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

福島さんと楠さんが見上げる先に! [↑pic.28]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

巨大なフィールドが広がります! [↑pic.29]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

ガイドとのミーティングを済ませたら。 [↑pic.30]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

いざ、キャットに乗って山頂へ! [↑pic.31]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

今回の旅で唯一の"スリーショット"写真です(笑)。写真左から、福島嘉之さん、尾形信さん、楠泰輔さん。 [↑pic.32]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

さて、この『Ski Arpa』。スキー場ですが、リフトは無く、移動手段は何とこのキャットのみ。 [↑pic.33]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

まさに山岳スキー場と言わんばかりのスペックで、見下ろせばこの高度感! [↑pic.34]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

山頂は、標高 3,700m。富士山と同じくらいの標高です。 [↑pic.35]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

過去には「Subaru Freeski World Tour」も開催された名物斜面もお待ちかね。 [↑pic.36]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

そして、山頂からは標高 6,960m 南米最高峰の山・アコンカグアの雄姿が!(キャットの右奥) [↑pic.37]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

楠泰輔さん with Aconcagua。 [↑pic.38]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

大自然のパワーを肌で感じながら滑れるのが『Ski Arpa』の醍醐味! [↑pic.39]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

『Ski Arpa』を後にして、3カ所目のスキー場へ。 [↑pic.40]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

到着したのは、楠泰輔さんも大喜びのアルパインエリアを滑ることが出来るスキー場! [↑pic.41]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

『NEVADOS DE CHILLÁN』。 [↑pic.42]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

標高 2,400m~1,540m、標高差 840mの広大なエリアを持つ『NEVADOS DE CHILLÁN』。 [↑pic.43]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

ベース付近は、こんな穏やかな雰囲気が流れるリゾート地ですが。。。 [↑pic.44]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

山頂付近は景色が一変! [↑pic.45]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

森林限界を超えたアルパインエリアが広がります。 [↑pic.46]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

ここまでリフトで登ったとは信じがたい光景。 [↑pic.47]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

まさに、雲の上を滑ります! [↑pic.48]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

それでは、山々が創り出す神々しい『NEVADOS DE CHILLÁN』の絶景を、フォトギャラリー感覚でご覧ください! [↑pic.49]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.50]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.51]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.52]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.53]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.54]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.55]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.56]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.57]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.58]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

[↑pic.59]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

日本では決して味わうことの出来ない開放感たっぷりの滑りが楽しめるスキー場『NEVADOS DE CHILLÁN』にて、今回の旅は滑り納め。 [↑pic.60]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

帰国の途に就く前に、首都サンティアゴの公園にて。 [↑pic.61]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

そして、チリの空が最後に素敵なプレゼント☆ [↑pic.62]

尾形信・楠泰輔・福島嘉之~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ

滅多に雪が降ることがないサンティアゴ市内に数年ぶりの降雪! [↑pic.63]

3人のスキーヤーの帰国を見送るかのように、南国風の木々と真っ白な雪が異色のコラボレーションを果たしたのでした。



~PeakPerformanceスキー紀行 in 南米・チリ~

【スキー場/ski area】
 ・Ski Portillo
 ・Ski Arpa
 ・NEVADOS DE CHILLÁN

【旅人/skier】
 ・尾形 信
 ・福島 嘉之
 ・楠 泰輔

【写真/photo】
 ・尾形 信



2017年11月4日(土)更新


■ 雪山レポート写真元画像をご希望の方へ。 ■
こちらより、お問合せページをご覧ください(別窓で開きます)。

前のゲレンデレポートへ
次のゲレンデレポートへ